あのコの、トリコ。

田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木頼(吉沢亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能事務所に頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影では、共演するはずだった頼と雫の幼なじみで人気俳優の東條昴(杉野遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに。そして、頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そしてこの広告が話題となり、頼、そして雫と昴の未来を変えていく…。

白石ユキの同名コミックスを実写映画化した、ドキドキの恋とキラキラの夢を追いかける、幼なじみ3人のシンデレララブストーリー。主人公の鈴木頼を演じるのは、『ママレード・ボーイ』や『BLEACH』など、2018年に映画出演作が7本も公開される吉沢亮。そんな頼が一途に思いを寄せるヒロインの立花雫を『悪と仮面のルール』の新木優子が演じる。また、『覆面系ノイズ』の杉野遥亮が、頼のライバルで超人気イケメン俳優・東條昴を演じる。「最後から二番目の恋」「最高の離婚」など数々のドラマを手掛けた新鋭・宮脇亮が本作で映画初監督を務める。