君の膵臓をたべたい

他人に興味をもたず、いつもひとりで本を読んでいる高校生の「僕」。そんな「僕」はある日、偶然「共病文庫」と記された一冊の文庫本を拾う。それは、天真爛漫なクラスの人気者・山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女が膵臓の病気で、余命いくばくもないことが記されていた。病気を隠して日常を過ごす桜良と、その秘密を知った「僕」。二人の距離には、まだ名前がない…。

住野よるのデビュー小説を実写映画に続き、待望の劇場アニメ化。衝撃的なタイトルからは予測できない「僕」と桜良の儚い物語を描く。主人公の「僕」を演じるのは、『世界でいちばん長い写真』『散歩する侵略者』の高杉真宙。ヒロイン・山内桜良を期待の若手声優Lynnが演じる。また、桜良の母を『LAST COP THE MOVIE』の和久井映見が演じる。