原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。穏やかなカウンセリングにより痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。ルイと名乗る男はポールと双子で、しかも同じ精神分析医だった。なぜポールはルイの存在を隠しているのか?真実を突き止めるためルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく。

『婚約者の友人』『17歳』のフランソワ・オゾン監督による、極上の心理サスペンス。似て非なる双子の精神分析医との禁断の関係にのめり込んでいくクロエを演じるのは、『17歳』で売春に手を染める名門女子高生を演じたマリーヌ・ヴァクト。『しあわせの雨傘』のジェレミー・レニエが双子の精神分析医を演じる。また、『映画に愛をこめて アメリカの夜』の名女優ジャクリーン・ビセットが、ポールとルイの過去に関わる重要な役どころで登場する。