ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

テニスブームに沸く1980年、まるでハリウッドスターのような人気を誇る対極的な2人のスタープレイヤーの戦いに世界中が熱狂していた。20歳の若さで、テニスの聖地ウィンブルドンで初優勝を果たし、その彫刻のように美しいヴィジュアルと冷静沈着なその姿から“氷の男”と呼ばれ、テニスに興味のなかった人々さえも虜にしたビヨン・ボルグ。ウィンブルドンで4連覇を達成したボルグは、絶対王者として君臨していたが、5連覇を阻止するべく現れたのが、類稀なる才能を持ちながら、不利な判定に怒り狂って審判に野犬の如くかみつき、“悪童”とバッシングされたジョン・マッケンロー。エレガントなプリンスとワイルドな野生児がぶつかり合う世紀の試合が、今、始まる…。

1980年のウィンブルドン決勝戦でぶつかり合った、美しき王者ボルグと悪童マッケンローの3時間55分の名勝負と、そこに至るまでの道のりの描いた感動の実話。ボルグを演じるのは、『ストックホルムでワルツを』のスベリル・グドナソン。『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフがマッケンローを演じる。監督は、ドキュメンタリー映画『アルマジロ』のヤヌス・メッツ。