劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~

小さい頃から、他の人には見えない妖(あやかし)を目に映すことができた夏目貴志は、亡き祖母・レイコが勝負をしかけ、負かした妖に名前を書かせた契約書の束「友人帳」を継いで以来、自称用心棒・ニャンコ先生とともに、妖たちに名を返す日々を過ごしていた。人と妖の間で忙しい毎日を送る夏目は、偶然昔の同級生・結城と再会したことで、妖にまつわる苦い記憶を思い出す。そんな頃、夏目は、名前を返した妖の記憶に出てきた女性・津村容莉枝と知り合う。レイコのことを知る彼女は、いまは一人息子の椋雄とともに穏やかに暮らしていた。彼らとの交流に心が和む夏目。だが、親子の住む町には謎の妖が潜んでいるらしかった。そのことを調べに行った帰り、ニャンコ先生の体についてきた“妖の種”が、藤原家の庭先で、一夜のうちに木となって実をつける。そして、どことなく自分に似た形のその実を食べてしまったニャンコ先生が、なんと3つに分裂してしまう…。

2003年の初出当初から多くの読者を魅了してきた緑川ゆきの代表作「夏目友人帳」の集大成ともなる劇場版。シリーズ初の長編映画として、原作者監修による完全新作のオリジナルエピソードが描かれる。主人公・夏目貴志を演じる神谷浩史、井上和彦らに加え、『月と雷』の高良健吾、『風の谷のナウシカ』の島本須美、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二と西村瑞樹がゲストキャストとして参加している。総監督は、第一期~第四期TVシリーズの監督(第五期~第六期は総監督)をつとめ、実写的な演出に定評のある大森貴弘。監督は、アニメーターとしても幅広く活躍する伊藤秀樹。