栞

真面目な性格で、献身的に患者のサポートに取り組む理学療法士の高野雅哉は、幼い頃に母親を亡くし、現在は父親の稔、妹の遥と離れて暮らしていた。そんなある日、雅哉が働く病院にしばらく会っていなかった父・稔が入院してくる。日に日に弱っていく稔の姿、担当患者の病状が悪化するなど理学療法士として何が出来るのか自問自答の毎日で無力感に苛まれる。しかし、そんな時ラグビーの試合中にケガをした新たな入院患者を担当することになった雅哉は、その入院患者の懸命に生きようとする姿に感化され、徐々に仕事への熱意を取り戻していくのだが…。

理学療法士の経歴を持つ本作の監督・榊原有佑の実体験をもとにオリジナル脚本で綴られた命の物語。主人公の理学療法士・高野を演じるのは、『四月の永い夢』の三浦貴大。不慮の事故で半身不随となってしまったラグビー選手の患者を『クローズZERO II』の阿部進之介が演じる。