彼が愛したケーキ職人

ベルリンのカフェで働くケーキ職人のトーマス(ティム・カルクオフ)は、イスラエルから出張でやって来るなじみ客のオーレン(ロイ・ミラー)といつしか恋人関係に発展していく。オーレンには妻子がいるが、仕事でベルリンに滞在する限られた時間、ふたりは愛し合う。ある日「また一ヵ月後に」と言ってエルサレムの家へ帰って行ったオーレンから連絡が途絶えてしまう。実は交通事故で亡くなっていたのだった。エルサレムで夫の死亡手続きをしたオーレンの妻・アナト(サラ・アドラー)は、休業していたカフェを再開させ、女手ひとつで息子を育てる多忙ななか、客として現れたトーマスに出会う。職探しをしているという彼をアナトは戸惑いながらも雇うことになり、次第にふたりの距離は近づいていく…。

甘くてほろ苦いケーキをきっかけに距離が縮まっていく“同じ男性”を愛した男女ふたりが紡ぎだす切なくも美しい物語。監督は、70以上の国際映画祭で上映された本作で、数多くの映画賞を受賞した無名の若手イスラエル人、オフィル・ラウル・グレイツァ。