音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

驚異の歌声を持つロックスター・シン。その存在自体がロックであり、カリスマ的な人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は“声帯ドーピング”というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。長年にわたる声帯ドーピングの副作用で限界が近づく喉に焦りを恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さいストリートミュージシャン・ふうかだった…。

三木聡監督が『俺俺』以来5年ぶりにして完全オリジナル作品として描く、ハイテンション・ロック・コメディ。世界的カリスマロックスター・シンを演じるのは、『殿、利息でござる!』『謝罪の王様』の阿部サダヲ。異様に声が小さいストリートミュージシャン・ふうかを『明烏』の吉岡里帆が演じる。その他、『スマホを落としただけなのに』の千葉雄大、『未来のミライ』の麻生久美子、「バイきんぐ」の小峠英二、『愛の渦』の田中哲司、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の松尾スズキら超個性派俳優たちが脇を固める。また、シンが歌う主題歌「人類滅亡の歓び」の作曲をL’Arc~en~CielのHYDE、作詞を元SUPERCARのいしわたり淳治が担当している。