テルマ

ノルウェーの人里離れた田舎町で、信仰心が深く抑圧的な両親のもとに育った少女テルマには、なぜか幼少期の記憶がなかった。オスロの大学に通うため一人暮らしを始めたテルマは、同級生のアンニャと初めての恋におちる。募る欲望と罪の意識に引き裂かれながらも、奔放な彼女に強く惹かれていくテルマ。だが、それは封印されたはずの“恐ろしい力”が解放するスイッチだった。テルマは不可解な発作に襲われるようになり、その度に周りで不気味な出来事が起こる。そんな中、アンニャが忽然と姿を消してしまう。果たして、テルマの発作とアンニャ疾走の関係は?両親が隠し続けてきたテルマの悲しき過去が明かされるとき、自分すら知らない“本当の自分”が目覚め始める…。

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』ラース・フォン・トリアーを親類に持つ、ヨアキム・トリアー監督が放つ北欧ホラー。