日日是好日

たちまち過ぎていく大学生活の中で、二十歳の典子(黒木華)は自分が「本当にやりたいこと」を見つけられずにいた。ある日、タダモノではないと噂の“武田のおばさん”(樹木希林)の正体が「お茶」の先生だったと聞かされる。そこで「お茶」を習ってはどうかと勧める母に気のない返事をしていた典子だったが、その話を聞いてすっかり乗り気になったいとこの美智子(多部未華子)に誘われるまま、なんとなく茶道教室へ通い始める。そこで二人を待ち受けていたのは、今まで見たことも聞いたこともない、おかしな「決まりごと」だらけの世界だった…。

“お茶”の魅力に気付き、惹かれていく女性たちの姿を描いた一期一会の感動作。主人公・典子を演じるのは、『ビブリア古書堂の事件手帖』の黒木華。典子と茶道教室に通い始めるいとこの美智子を『あやしい彼女』の多部未華子が演じる。さらに、典子のお茶の師匠となる武田先生を先日、9月15日に逝去した『万引き家族』の樹木希林が演じる。監督は、『セトウツミ』『さよなら渓谷』の大森立嗣。