ハナレイ・ベイ

ハワイのハナレイ・ベイで一人息子のタカシ(佐野玲於)をサーフィン中の事故で亡くしたサチ(吉田羊)は、10年間、毎年息子の命日の頃にハナレイ・ベイを訪れ、ビーチの近くの大きな木の下で海を見つめ過ごしていた。そんな時出会った若い日本人サーファーから“片脚の日本人サーファー”の存在を聞いたサチは、自らの人生を変える一歩を踏み出すことを決意する…。

村上春樹のロングセラー「東京奇譚集」の一篇を実写映画化した希望の物語。一人息子を事故で亡くしたシングルマザーのサチを演じるのは『ラブ×ドック』の吉田羊。サチの息子・タカシを『虹色デイズ』の佐野玲於、サチがハナレイ・ベイで出会う日本人サーファー・高橋を『二度めの夏、二度と会えない君』の村上虹郎が演じる。監督は、『トイレのピエタ』の松永大司。