空母いぶき

20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない1日を迎えることになる…。

「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる累計400万部突破のベストセラーコミックを実写映画化。「いぶき」艦長・秋津竜太を演じるのは、『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の西島秀俊。副長・新波歳也を『超高速!参勤交代』シリーズの佐々木蔵之介が演じる。その他、『鋼の錬金術師』の本田翼、『マスカレード・ホテル』の髙嶋政宏、『悪と仮面のルール』の玉木宏、『無限の住人』の市原隼人、響 -HIBIKI-』の吉田栄作、『いぬやしき』の斉藤由貴、『さらに、『龍三と七人の子分たち』の藤竜也、『赤い雪 Red Snow』の佐藤浩市といった日本映画界を牽引する超重厚キャストが集結している。監督は、『柘榴坂の仇討』『沈まぬ太陽』の若松節朗。