海獣の子供

ハンドボール部に所属する中学生の琉花は、トラブルで夏休み早々部活禁止になってしまう。やさぐれた彼女は、シューズを買うためのお金で東京へ行き、そこで海の生物と交感する力をもつ不思議な少年・海と出会う。翌日、父親の勤務する水族館で海と再び会った琉花は、父親に海の面倒を見ることを命じられる。いなくなった海を探しに浜辺に出た琉花は、海の双子の兄・空とも出会う。海と比べ軽い性格の空に琉花は反発しながらも交流を深めていく。同時期、海には隕石が落ち、世界では“白斑”を持つ魚が光となって消える現象が多発していた…。

漫画家・五十嵐大介初の長編作を『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4℃が映画化した海洋冒険譚。主人公・琉花を演じるのは、『怪盗グルーのミニオン大脱走』の芦田愛菜。海と空を『リメンバー・ミー』で主人公ミゲルの日本語吹き替えを演じた石橋陽彩、大河ドラマ「真田丸」で真田幸村の嫡男・大助を好演した浦上晟周が演じる。その他、『レディ・プレイヤー1』の森崎ウィン、『半世界』の稲垣吾郎、『長いお別れ』の蒼井優、『リンキング・ラブ』の渡辺徹、『羊の木』の田中泯、『舞妓はレディ』の富司純子ら実力派俳優陣が脇を固める。