聖なる泉の少女

ジョージアの南西部、トルコとの国境を接するアチャラ地方の山深い村にある人々の心身の傷を癒してきた聖なる泉を先祖代々守り、水による治療を司ってきた家族がいた。儀礼を行う父親は老い、三人の息子はそれぞれ、キリスト教の一派であるジョージア正教の神父、イスラム教の聖職者、無神論の科学者にと生きる道が異なっていた。そして父親は一家の使命を娘のツィナメ(愛称ナーメ)に継がせようとしていた。その宿命に思い悩むナーメ。彼女は村を訪れた青年に淡い恋心を抱き、他の娘のように自由に生きることに憧れる。一方で川の上流に水力発電所が建設され、少しずつ、山の水に影響を及ぼしていた。そして父とナーメは泉の変化に気づく…。

ジョージアのアチャラ地域に昔から語り継がれてきた物語に基づいた、自然と人の神秘なる交感の物語。