レディ・マエストロ

1926年、ニューヨーク。オランダからの移民アントニアは、指揮者になるためならどんな困難にも挑むと決めていた。「女性は指揮者になれない」と言われながらも、音楽への情熱だけは誰にも負けなかったアントニアは、ナイトクラブでピアノを弾いて稼いだ学費で、音楽学校に通い始める。だが、ある”事件”から退学を余儀なくされ、引き留める恋人を置いて、アムステルダムからベルリンへと向かい、遂に女性に指揮を教えてくれる師と巡り合う。憑かれたようにレッスンに没頭するアントニアだったが、出生の秘密、恋人の裏切り、女性指揮者への激しいバッシングなど、次々とアクシデントが襲い掛かる…。

女性が指揮者になるという“夢”を見ることさえ許されなかった時代に、自らの手でその“夢”をつかみ、女性指揮者のパイオニアとなったアントニア・ブリコの半生を描いた、勇気と感動と驚きに満ちた実話。