二ノ国

頭脳明晰で、心優しい秀才のユウ。バスケ部のエースのハル。そしてハルの恋人コトナ。同じ高校に通う幼なじみの3人は、かけがえのない親友だった。突然の事件が起きるまでは。ある日突如ユウとハルが迷い込んだ見知らぬ場所、そこは想像を超えた魔法の世界「ニノ国」。現実(一ノ国)と隣り合わせにあるこの美しく不思議な世界で、2人はコトナにそっくりなアーシャ姫と出会う。どうやらニノ国には、一ノ国と命が繋がっている“もう1人の自分”がいるらしい。アーシャ姫に死の呪いがかけられたことをきっかけに、ユウとハルはふたつの世界に残酷なルールがあることを知る。ニノ国で尽きるはずの命を救えば、一ノ国の人間がその代償を支払うことになるというのだ。そしてニノ国ではアーシャ姫が、一ノ国ではコトナが、死の呪いにかけられていた。ふたりの彼女、救えるのはひとつの命。明るく健気なアーシャ姫を守りたいユウと、コトナを助けたいハルに突き付けられた残酷なルール、ふたりが下した〈究極の選択〉とは…。

〈命の選択〉という究極のテーマを描いた青春ファンタジー。主人公・ユウを演じるのは、『キングダム』の山崎賢人。ユウの親友・ハルを『十二人の死にたい子どもたち』の新田真剣佑、コトナとアーシャ姫の二役を『君は月夜に光り輝く』の永野芽郁が演じる。