ジャンゴ 繋がれざる者

1859年のアメリカ南部。賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、奴隷の鎖から解放されたジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、シュルツとコンビを組み南部のお尋ね者たちを捕まえていく。彼が腕を磨く理由はただ一つ。昔、奴隷市場で別れたきりの妻、ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を見つけて救い出すことだった。ブルームヒルダは“キャンディランド”という農園の領主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)の元にいた。キャンディは部下のエース・ウッディ(カート・ラッセル)と、奴隷たちを鍛え上げ、互いに闘わせて楽しむ極悪人だった。妻を取り戻すための‘生きるか死ぬか’の壮絶な戦いが始まる…。

監督は、鬼才クエンティン・タランティーノ。主人公ジャンゴには、『Ray/レイ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したジェイミー・フォックス。そして、ジャンゴを奴隷から解放し、銃の手ほどきをする元歯科医の賞金稼ぎシュルツを、『イングロリアス・バスターズ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツが演じる。さらに、レオナルド・ディカプリオが初の悪役に挑戦している。