相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ

ある朝、出勤前の警視庁特命係の2人を待つ1人の男の姿があった。元警視庁特命係、現警察庁長官官房付の神戸尊(及川光博)。杉下右京(水谷豊)にとっては懐かしい、そして甲斐享(成宮寛貴)にとっては見慣れない顔。きっかけとなったのは、「馬に蹴られて男性死亡」と見出しに記された小さな三面記事だった。東京から300キロ離れた太平洋に浮かぶ鳳凰島という島で起こったその事故を手がかりに、特命係を潜入させて、島の実態を調査させるという、警察庁次長甲斐峯秋(石坂浩二)からの密命を受けた尊は、2人をそそのかし鳳凰島への経由地となる八丈島行きの航空券2枚をデスクに置いていく。気乗りしないまま、鳳凰島へと向かう特命係の2人。そこはある実業家(宅間伸)が個人所有している島で、島内では元自衛隊員たちが訓練のために共同生活を送っていた。グループのリーダー神(※正式:示申)室司(伊原剛志)と高野志摩子(釈由美子)に事故現場へと案内された右京は、持ち前の嗅覚と洞察力で、島での訓練に一時的に参加していた予備自衛官の会社員が「事故」ではなく「殺人事件」に違いないとの確信を深め、極秘に鑑識課米沢守(六角精児)に連絡をとる。さらに、右京と享を東京に連れ戻すという名目のもと、捜査一課の伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)が特命係の後を追って島へと送り込まれる。いつもの面々が島で再会し、事件の鍵を握る決定的な証拠を得て島の宿舎に戻ろうとした時、迷彩服に身を包んだ特殊部隊が彼らに襲いかかった。その計算され尽くした襲撃は、島で右京や亨が見た訓練中の元自衛隊員たちとは明らかに異なる手法のものだった…。

これまで作品を重ねるごとに、物語のスケール感も衝撃度も天井知らずにパワーアップしてきた『相棒』劇場版。東京から300キロ離れた太平洋に浮かぶ孤島を舞台に『相棒』史上最高密度のミステリーが展開する。主演は水谷豊と、3代目相棒として劇場版には初登場となる成宮寛貴。さらに、特命係を事件調査のために孤島へと送り込む重要な役として、及川光博演じる2代目相棒(現警察庁長官官房付)の神戸尊が再登場する。石坂浩二、鈴木杏樹、真飛聖、川原和久、大谷亮介、山中崇史、山西惇、六角精児、神保悟志をはじめとするレギュラー陣に加え、伊原剛志、釈由美子、風間トオル、宅間伸らゲスト陣の熱演が、「孤島ミステリー」という『相棒』の画期的な新展開を彩る。